視力回復レーシックNAVI
レーシック手術

レーシックQ&A集

手術を受けられないことはある?
レーシック手術は誰でも受けられる手術ではありません。下記のような検査の結果、不適切と判断がされた場合には手術を受けることができません。1.角膜の状態検査、2.角膜内皮細胞数の測定、3.屈折度の測定、4.眼圧の測定、5.視力検査、6.効き目の検査、7.高次収差の測定、8.瞳孔径の測定、9.角膜厚の測定などです。この他に眼底堅作と調節力を取り除いた状態での近視・乱視・遠視の度数を測定するために瞳孔を大きく広げる目薬を点眼して検査します。

[PR]レーシック手術・眼科・
病院の資料請求無料!

レーシック眼科・病院比較


レーシックQ&A集 [戻る]
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
メインMenu
[1]レーシック視力回復術とは

[2]レーシックの種類

[3]レーシック予備知識

[4]レーシックのメリットとデメリット

[5]レーシック手術の流れ

[6]レーシックの注意点

[7]レーシック用語集

[8]レーシックQ&A集
[9]レーシック眼科のご案内
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[0]視力回復レーシックナビTOP
(C)2007〜
視力回復レーシックナビ

携帯アクセス解析