視力回復レーシックNAVI
レーシック手術

レーシックの種類

様々なレーシック
  • イントラレーシック

    イントラレーシックは通常のレーシックにおいてもマイクロケラトームにより精巧なフラップを作成することは可能とされているが、カンナ部分の往復運動によりフラップの断面が若干でこぼこしたり、ヒンジ(フラップのつなぎ目)の部分が斜めになるため、まれにシワの原因となることがある。一方、イントラレーシックはコンピュータ制御によりフラップを作成するので、断面もヒンジの部分も非常に綺麗な仕上がりが期待できるといわれている。さらにイントラレーシックは従来のレーシックにくらべてよりフラップを薄く正確に作成することが可能であるので、その分角膜実質層を削りとれる量が増え、通常のレーシックよりも強度の近視を矯正することが可能となる。

  • エピレーシック

    エピケラトームと呼ばれる器機を使用して約50マイクロメートルの角膜上皮のみの薄い蓋(フラップ)を作成し、エキシマレーザーを照射することによって近視・遠視・乱視を矯正するレーシックの術式の一つである。フラップはやがて剥がれ落ち、新しい角膜上皮が再生する。そのため通常のレーシックと異なり、強い眼の衝撃でもフラップがずれることはない。PRKやラセックなどと同様に表面照射という術式に分類される。他の表面照射の屈折矯正手術と同様にボーマン膜をレーザーで除去し、角膜実質層を削ることで視力を回復する。PRKよりも視力の回復や安定が早いといわれている。

  • ラセック

    ラセック(LASEK)とはアルコールを使用して角膜上皮のみの薄い蓋(フラップ)を作成し、エキシマレーザーを照射し、視力を回復する屈折矯正手術の術式の一つである。1999年にイタリア人医師Camellinによって考案された。角膜上皮のみのフラップは数日で再生する。そのため通常のレーシックと異なり、強い眼の衝撃でもフラップがずれることはない。PRKやエピレーシックなどと同様に表面照射という術式に分類される。他の表面照射の屈折矯正手術と同様にボーマン膜をレーザーで除去し、角膜実質層を削ることで視力を回復する。

  • ウェーブフロント

    ウェーブフロントレーシックは角膜や水晶体の収差を解析解する手法である。ウェーブフロントアナライザといわれる解析装置でデータを測定および分析する。ウェーブフロントレーシックでは近視や遠視・乱視などについて総合的に角膜形状解析を行ったデータをもとに、ウェーブフロントアナライザがガイドしてレーシック手術を行う。角膜の形状異常に対しガイドのない従来のレーシックに比し、角膜高次収差に対して解析をおこなっているウェーブフロントレーシックの方が乱視の矯正については理論上有利である。ただし全ての症例に有効なわけではなく、円錐角膜などの角膜形状異常には適応外である。またハードコンタクトレンズでの乱視矯正には遙かに劣り、乱視の種類によっては乱視用メガネの矯正にすら劣る症例がある。

  • フェイキックIOL

    フェイキックIOLとは強度の近視矯正を目的に、有水晶体のまま眼内に眼内レンズを挿入する際に使用する眼内レンズである。眼内コンタクトとも呼ばれる有水晶体にて眼内レンズを挿入することにより、調節力を維持することが出来る。また見え方に不満があったり、種々不都合があった際には、容易に除去することも出来る。 また薄い角膜厚などでレーシックなどの近視矯正が出来なかった症例にも行うことが出来る。 またレーシック等の手術を組み合わせることにより、従来 矯正ずれを起こしやすかった強度近視などに良好な矯正効果を得れるようになった。 以前のような白内障などの合併症も減っており、欧米や韓国ではレーシックを凌ぐ勢いで使用されている。

  • PRK

    PRK手術とは角膜表層切開術と訳され、コンピューター制御のエキシマレーザーを角膜表面に照射し、近視・乱視・遠視に合わせ、角膜の形を形成します。片目ずつ期間を空けて行うのが特徴です。角膜上皮が再生するまでは保護用コンタクトを装着しなければならない面倒な部分があり、視力回復にやや時間がかかる欠点があります。 角膜フラップを作らないので激しい運動をされる方や角膜が薄くてレーシック手術を断られた人に向いている手術方法です。レーシックのように再度の手術が容易でない点を頭に入れておきましょう。



    [PR]レーシック手術・眼科・
    病院の資料請求無料!

    レーシック眼科・病院比較


    レーシックの予備知識 [戻る]
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    メインMenu
    [1]レーシック視力回復術とは

    [2]レーシックの種類

    [3]レーシック予備知識
    [4]レーシックのメリットとデメリット

    [5]レーシック手術の流れ

    [6]レーシックの注意点

    [7]レーシック用語集

    [8]レーシックQ&A集

    [9]レーシック眼科のご案内
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    [0]視力回復レーシックナビTOP
    (C)2007〜
    視力回復レーシックナビ

    携帯アクセス解析