視力回復レーシックNAVI
レーシック手術

レーシックの種類

適応検査
レーシック手術は誰でも受けられる手術ではありません。主に検査は以下のようなものがあります。1.角膜の状態検索、2.角膜内皮細胞数の測定、3.屈折度の測定、4.眼圧の測定、5.視力検査、6.効き目の検査、7.高次収差の測定、8.瞳孔径の測定、9.角膜厚の測定などです。この他に眼底堅作と調節力を取り除いた状態での近視・乱視・遠視の度数を測定するために瞳孔を大きく広げる目薬を点眼して検査します。これらの検査を受けてレーシックが可能となれば、医師から手術の手順や手術での合併症、手術の注意事項などが説明されます。カウンセリングで聞き忘れたことなどは必ず解決をしておきましょう。

[PR]レーシック手術・眼科・
病院の資料請求無料!

レーシック眼科・病院比較


レーシックの予備知識 [戻る]
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
メインMenu
[1]レーシック視力回復術とは

[2]レーシックの種類

[3]レーシック予備知識
[4]レーシックのメリットとデメリット

[5]レーシック手術の流れ

[6]レーシックの注意点

[7]レーシック用語集

[8]レーシックQ&A集

[9]レーシック眼科のご案内
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[0]視力回復レーシックナビTOP
(C)2007〜
視力回復レーシックナビ

携帯アクセス解析