視力回復レーシックNAVI
レーシック手術

レーシックの種類

生命保険と医療費控除
生命保険・医療保険に加入されている場合、ご契約内容および生命保険会社によっては、手術給付金が支給される場合があります。ご自身の加入されている生命保険会社にお問い合わせをして確認をしてください。その際、手術の正式名称を「レーザー角膜屈折矯正手術」と伝えると良いでしょう。給付金額は保険会社により異なりますが5〜10万円が一般的なようです。
医療費控除については屈折矯正手術の手術費用は、確定申告の際、医療費控除の対象となる場合があります。ちなみに医療費控除とは1年間のうちに本人または家族が支払った医療費が10万円が越える場合は確定申告により税金の還付が受けられる制度です。医療費控除を受けるには医師から手術代金の領収書を発行してもらう事が大切です。その際にお住まいの地域の税務署にお問い合わせをして確認をしてください。

[PR]レーシック手術・眼科・
病院の資料請求無料!

レーシック眼科・病院比較


レーシックの予備知識 [戻る]
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
メインMenu
[1]レーシック視力回復術とは

[2]レーシックの種類

[3]レーシック予備知識
[4]レーシックのメリットとデメリット

[5]レーシック手術の流れ

[6]レーシックの注意点

[7]レーシック用語集

[8]レーシックQ&A集

[9]レーシック眼科のご案内
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[0]視力回復レーシックナビTOP
(C)2007〜
視力回復レーシックナビ

携帯アクセス解析