視力回復レーシックNAVI
レーシック手術

レーシックの種類

フェイキックIOL
フェイキックIOLとは強度の近視矯正を目的に、有水晶体のまま眼内に眼内レンズを挿入する際に使用する眼内レンズである。眼内コンタクトとも呼ばれる有水晶体にて眼内レンズを挿入することにより、調節力を維持することが出来る。また見え方に不満があったり、種々不都合があった際には、容易に除去することも出来る。 また薄い角膜厚などでレーシックなどの近視矯正が出来なかった症例にも行うことが出来る。 またレーシック等の手術を組み合わせることにより、従来 矯正ずれを起こしやすかった強度近視などに良好な矯正効果を得れるようになった。 以前のような白内障などの合併症も減っており、欧米や韓国ではレーシックを凌ぐ勢いで使用されている。

[PR]レーシック手術・眼科・
病院の資料請求無料!

レーシック眼科・病院比較


レーシックの種類 [戻る]
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
メインMenu
[1]レーシック視力回復術とは

[2]レーシックの種類
[3]レーシック予備知識

[4]レーシックのメリットとデメリット

[5]レーシック手術の流れ

[6]レーシックの注意点

[7]レーシック用語集

[8]レーシックQ&A集

[9]レーシック眼科のご案内
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[0]視力回復レーシックナビTOP
(C)2007〜
視力回復レーシックナビ

携帯アクセス解析