視力回復レーシックNAVI
レーシック手術

レーシックの種類

ウェーブフロント
ウェーブフロントレーシックは角膜や水晶体の収差を解析解する手法である。ウェーブフロントアナライザといわれる解析装置でデータを測定および分析する。ウェーブフロントレーシックでは近視や遠視・乱視などについて総合的に角膜形状解析を行ったデータをもとに、ウェーブフロントアナライザがガイドしてレーシック手術を行う。角膜の形状異常に対しガイドのない従来のレーシックに比し、角膜高次収差に対して解析をおこなっているウェーブフロントレーシックの方が乱視の矯正については理論上有利である。ただし全ての症例に有効なわけではなく、円錐角膜などの角膜形状異常には適応外である。またハードコンタクトレンズでの乱視矯正には遙かに劣り、乱視の種類によっては乱視用メガネの矯正にすら劣る症例がある。

[PR]レーシック手術・眼科・
病院の資料請求無料!

レーシック眼科・病院比較


レーシックの種類 [戻る]
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
メインMenu
[1]レーシック視力回復術とは

[2]レーシックの種類
[3]レーシック予備知識

[4]レーシックのメリットとデメリット

[5]レーシック手術の流れ

[6]レーシックの注意点

[7]レーシック用語集

[8]レーシックQ&A集

[9]レーシック眼科のご案内
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[0]視力回復レーシックナビTOP
(C)2007〜
視力回復レーシックナビ

携帯アクセス解析