視力回復レーシックNAVI
レーシック手術

レーシックの種類

ラセック
ラセック(LASEK)とはアルコールを使用して角膜上皮のみの薄い蓋(フラップ)を作成し、エキシマレーザーを照射し、視力を回復する屈折矯正手術の術式の一つである。1999年にイタリア人医師Camellinによって考案された。角膜上皮のみのフラップは数日で再生する。そのため通常のレーシックと異なり、強い眼の衝撃でもフラップがずれることはない。PRKやエピレーシックなどと同様に表面照射という術式に分類される。他の表面照射の屈折矯正手術と同様にボーマン膜をレーザーで除去し、角膜実質層を削ることで視力を回復する。

[PR]レーシック手術・眼科・
病院の資料請求無料!

レーシック眼科・病院比較


レーシックの種類 [戻る]
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
メインMenu
[1]レーシック視力回復術とは

[2]レーシックの種類
[3]レーシック予備知識

[4]レーシックのメリットとデメリット

[5]レーシック手術の流れ

[6]レーシックの注意点

[7]レーシック用語集

[8]レーシックQ&A集

[9]レーシック眼科のご案内
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[0]視力回復レーシックナビTOP
(C)2007〜
視力回復レーシックナビ

携帯アクセス解析